クハガタ茶会 三
点心席
蜜香製フィンガーフード

五橋 発泡純米酒 ねね

岐阜 根尾谷より 鮎のおこわ
クリームチーズとアボカドの酒粕漬け 木の実を添えて
涼やかなトマトのコンポート
自家製山葵バターと鴨のカナッペ

藍柿蔦の葉形小皿
備前皿 横田祥子作
時代ショットグラス 仏蘭西

a0024222_128238.jpg


藍柿蝶形小皿
木賊文硝子皿 保谷製
時代銅版人物文小猪口 阿蘭陀

a0024222_1282474.jpg


オリジナルカクテル「涼」 蜜香製

蜜香の村木美沙の料理は常に「色」を感じさせる。
今回は緑陰の涼やかな緑。

岐阜根尾谷の天然鮎は父親がこの日のために釣ったものだという。
水を注ぐ青竹も切り出してくださった。温かな心に触れ、その暮らしに想いを馳せる。

青梅のように見えるのはグリーントマト。ペパーミントと花椒の香るシロップ。
鴨のスモークは蜜香のスペシャリテ。自家製の山葵バター、ここにも緑が潜む。

カクテルはウォッカをベースに、柑橘と胡瓜を使った甘くないもの。

a0024222_129632.jpg


器  山田英幸
季節と、料理と、息をあわせる粋な演出。
古いもの、美しいものを眺め、触れ、愛でて扱う愉しみを惜しみなく。

会記 手拭い  福井邦人
一期一会の茶会の、手もとに残る、記念の品として。
[PR]
by favoriteworks | 2014-07-21 12:03 | others
<< クハガタ茶会 四 クハガタ茶会 二 >>