クハガタ茶会 四
朗読  『きみの砦から世界は』より  小山伸二

a0024222_23175585.jpg


a0024222_23181722.jpg


薄茶

茶器 籠地棗 籐吾作
茶杓 銘「九雲 」
茶碗 黒楽 銘 「クハガタ」
二 黄伊羅保平茶碗「女郎花」小堀宗明銘
替 安南染付
替 唐津井戸 西岡小十作
替 黄瀬戸 馬盥

a0024222_2326926.jpg


a0024222_23271644.jpg


御茶  「珠の白」 柳桜園詰
菓子 飛鳥文明の古代チーズ「蘇」蜜香製  唐木銘々皿
亭主 清水宗雀

a0024222_23274665.jpg


a0024222_23275952.jpg


濃珈琲

a0024222_23283476.jpg


a0024222_23403917.jpg


珈琲「ペルーチャンチャマイヨ」
中国白磁小茶碗
珈琲杓 銘「驟雨」 公長齋小菅製 
珈琲カクテル「覚醒と酩酊」薩摩黒千代香
菓子 「南蛮渡来の黄金」蜜香製 
時代チッペンデール銀皿
亭主 小山伸二

a0024222_23412369.jpg


a0024222_234142100.jpg


器コーディネート 山田英幸
Special thanks to Hirokazu Okano,Yasumichi Maruyama,
Akiko Yamada and Ritsuko Watanabe.

麻布ウグイスにて開催されたクハガタ茶会について、以上四回にわたって記録しました。
茶事というものが、一杯のお茶を愉しんでいただくために茶室や道具を設え、お懐石を用意するものだとしたら、クハガタ茶会は、一冊の詩集のためにありました。朗読の後の、お薄と濃珈琲は余韻を愉しむ時間だったかもしれません。
珈琲は詩人の、自家焙煎。ペルーチャンチャマイヨ。超深煎りのあまくとろりとした珈琲にあわせた 「南蛮渡来の黄金」にはペルーの塩がしのばせてありました。
[PR]
by favoriteworks | 2014-07-21 23:11 | others
クハガタ茶会 三 >>