カテゴリ:聴く( 35 )
風鈴
a0024222_17494054.jpg


ほおずき市で貰った風鈴は
花火の絵柄

さっそく窓の外に吊るし
ガラスのチリンという音色に
耳をすます

夏の日の今のこの
ほんのひととき

a0024222_17523836.jpg




.

.

.
[PR]
by favoriteworks | 2010-07-11 17:57 | 聴く
Immortal Memory
言葉に囚われたくないときには
ゲール語や古代中東のアラム語の
愁いのある歌声が効く

LISA GARRARDとPATRICK CASSIDYは
毎日のように聴いているashes and snow
参加している

これはレクイエムのようだ
静かに、無心に聴いていたい時に

a0024222_23313377.jpg


LISA GARRARD/PATRICK CASSIDY Immortal Memory
[PR]
by favoriteworks | 2010-06-20 23:30 | 聴く
MOOLA MANTRA
a0024222_23171096.jpg


旋律が心地よくからだに浸透していく

DEVA PREMAL sings the MOOLA MANTRA
[PR]
by favoriteworks | 2010-06-08 15:25 | 聴く
VIOLETS FOR MY FURS
今にも雪が降りそうな日に
鼻歌まじりに、適当に口ずさむ
Stacy KentのVIOLETS FOR MY FURS

It was winter in Manhattan
falling snowflakes filled the air
The streets were covered with a film of ice
But a little, simple magic that
I heard about somewhere
Changed the weather all around
just within a trice……

VIOLETS FOR MY FURS
(M.Dennis / T.Adair)

もとは男性が歌うVIOLETS FOR YOUR FURS
を、Stacy KentはVIOLETS FOR MY FURSと歌う。
[PR]
by favoriteworks | 2010-02-17 23:30 | 聴く
Botanica
a0024222_18293555.jpg


電車のなかで聴く。駅の雑踏が消える。
帰り道には気持ちよく油断して
気づけば乗り過ごし途方に暮れて
川べりをひと駅分、歩きながら
聴いている。水のあるところが似合う。
[PR]
by favoriteworks | 2009-12-05 18:30 | 聴く
ハミングがきこえる
きっといまなら
あっとおどろく
おおきな夢がかなう
そんな気分でたのしい
いちにちがはじまるの

しゃんとしたい日の朝、駅までの行進曲として。

ハミングがきこえる/カヒミ・カリィ
[PR]
by favoriteworks | 2009-11-20 18:20 | 聴く
Reasonable Relaxation
牛場靖彦さんのリスクマネジメントの研修会で心に留まった
Reasonable Relaxation(適度なくつろぎ)の話。

今ほどそれが必要な時代はない、と牛場さん。
下駄の花緒もゆとりがあるから切れない。
一日一時間は好きなことをするようなゆとりが大事……と。

今ほどそれが必要な時はない
と、わたしも思う。

好きなことを仕事にしていても
からだには限度がある。

好きなことはいろいろある。
一日一時間するのにいい、好きなことは
どんなことだろう。
と、あらためて考えてしまった。
(まじめだなぁ!)

別の日、別の場所で。
取材で聞いた言葉が
今もキラキラと心に留まる。

「休みがあるとかないとか、
わたしには関係なかったんです。
この仕事をすることが大事だったから」

とてもよく理解できた。
好きなことを仕事にしていたら
ちょっとやそっとのことは大丈夫。

でも、適度なくつろぎの意識は
好きなことを続けていくときの
リスクマネジメントとなるのだろうな。
[PR]
by favoriteworks | 2008-02-26 20:48 | 聴く
ヒグラシ
夕刻、響きながら落ちてくる
ヒグラシの声を聴いたので
うれしくて、白ワインをあけた。

夏中、蝉時雨が降り注ぐところに居て
その時をずっと待っていた気がする。
[PR]
by favoriteworks | 2007-08-31 18:26 | 聴く
Earth Affair/Chapter One
a0024222_17515181.jpg

「アイスランドやノルウェイの澄み切った自然の景観
摩訶不思議なスコットランドの高地から
パリやロンドンの喧騒を経て
さらには地中海から北アフリカの砂漠地帯へと
幻想的な音楽ジャーニーに誘う」

Resurrectionという最後の曲は
深夜と早朝の間の時間帯に聴きたい曲
地平線に続くまっすぐな道を
何時間も車で走り続けるような時に
[PR]
by favoriteworks | 2005-06-05 17:51 | 聴く
音楽が溢れる
眠る前のひととき
音楽でそこらじゅうを満たす
好きな曲を繰り返し繰り返し
その気配が消えないように
夢の中にも連れて行こう
[PR]
by favoriteworks | 2004-11-01 13:18 | 聴く