カテゴリ:food( 163 )
月夜の晩に
a0024222_22182649.jpg


a0024222_22184827.jpg


a0024222_22191220.jpg



暗い路地に灯る小さなあかりに惹かれて
十五夜の晩に訪れた料理屋さんは
古民家を再生させた近所の異界。
昭和の空気。
夢だったのかも。

もう一度行ってみたら、廃墟だったりして
朝、夫が呟いた。

a0024222_22175140.jpg

[PR]
by favoriteworks | 2011-09-12 23:11 | food
竹流し
京都から二条若狭屋の竹水羊羮が届く。
母の親友が御供にと送ってくださった。

水に濡れた青竹の香り。
竹の筒底に錐で穴をあけて
つるりと流し出す涼やかな水菓子。
みずみずしい小豆の透明な甘味。

わたしは母がこれを家族みんなに分けて
行き渡ったのを確認してからゆっくり
黒文字などを使って食べる様子を
思い浮かべている。

もうじき八朔、土用稽古といそがしくする
母の素敵な親友に、これから手紙を書く。

a0024222_14462779.jpg






.
[PR]
by favoriteworks | 2011-07-31 14:47 | food
神田志乃多寿司のお稲荷さん
小さめのお稲荷さんの中に控えめに
薄いハスが入っているのが気に入っている
谷内六郎の絵が懐かしい

お稲荷さんは懐かしい味がする
作りもするし、買いもする
リアルタイムの食べものなのに懐かしい

a0024222_14222759.jpg

[PR]
by favoriteworks | 2011-07-03 14:21 | food
切干し大根
蒸し暑い季節に味わう切干し大根。
厚めのお揚げを合わせて含め煮たのを
たっぷりつくって冷やしておく。

a0024222_9233339.jpg





.
[PR]
by favoriteworks | 2011-07-01 09:23 | food
涙止めの妙薬
a0024222_963551.jpg


涙をこぼして
チョコレートを買ってもらうなんて甘過ぎる
大人の流儀に反する、と省みつつ

いまないたカラスがもう笑った







.
[PR]
by favoriteworks | 2011-03-04 09:04 | food
無心に
a0024222_15242327.jpg


茄子と伏見とうがらし

ゆっくり、無心に料理をすると、静まる
夕焼けの入る台所に立つ、夏の夕方
[PR]
by favoriteworks | 2010-08-24 22:23 | food
夏野菜の揚げ浸し
a0024222_1524428.jpg


茄子、南瓜、トマト
季節の野菜を素揚げして
ポン酢醤油に浸す
いつものお惣菜
[PR]
by favoriteworks | 2010-05-30 23:22 | food
あんみつ
a0024222_2329266.jpg


最近何かというと、あんみつ

おいしいあんみつの餡はさらりとした甘さ
寒天は澄んだ空気、透明な水のよう
[PR]
by favoriteworks | 2010-05-05 23:26 | food
蕎麦の味
東京のお蕎麦はすかしてるなぁ、食べた気がしない
なんて言っていた頃は、まだその味をちゃんと
知らなかった。

a0024222_12313418.jpg


田舎の黒っぽい、気前のいいお蕎麦も好きだけれど
せいろが透けてみえるくらいなのを2枚。
お蕎麦じたいもよくみれば半透明で、美しい
東京のお蕎麦が、好きになった。

a0024222_12314910.jpg


本むら庵は庭の眺めも愉しめる。
NYでは昔、「ホームラン」とよばれて人気があった。
今もあるのかな?

昔から変わらないのは、蕎麦湯の最後のほうが好き
ということ。とろとろとついで、飲みほす。

次なる愉しみは、お酒でしょうか。

a0024222_12322292.jpg

[PR]
by favoriteworks | 2010-03-01 12:33 | food
鎌倉半月
a0024222_045559.jpg


半月は小豆や抹茶のクリームをはさんだ
ゴーフルのようなお菓子

割るとやや硬質な、ぱりぱりとした音がする
薄くこうばしく、いつの間にかなくなっている
[PR]
by favoriteworks | 2010-02-11 00:08 | food