<   2004年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧
アイランド・ワイズ
a0024222_11104133.jpg時間に追われるのではなく
その時々に大切なことに時間をかける。

世界中の島の人々のやり方、
シンプルな心の持ちようが書かれた本。

高速回転する独楽(こま)のように
あまりの速さに
自分がほんとうに望んでいるものが
見えなくなってしまわないために。

Island Wise Janis Frawley-Holler
[PR]
by favoriteworks | 2004-09-25 11:06 | 観る、読む
irreel
a0024222_1173576.jpgレストランにいる時くらいは
仕事の話を止めて
夢みたいな話をしていたい

非現実的なもの、
という名前のついた店で
[PR]
by favoriteworks | 2004-09-25 11:05 | food
大切な存在
時々見えなくなっている目を覚ましてくれる
見失っていることを思い出させてくれる
我に返らせてくれる
そういう影響力を持つ人の存在
[PR]
by favoriteworks | 2004-09-25 11:04 | 想う
パーティの遊びごころ
a0024222_1132531.jpg
パーティのドレスに合うバッグがなかったので
ピンクのスパンコールがたくさんついた
小さなハンドバッグの出番が来た。

この悪戯に服も靴も怒るだろうか。
すくなくともわたしは満足で
短い窮屈なパーティのあいだ
ドキドキとしながらも
舌をぺろっと出したい気持で過ごしてしまった。

小さなハンドバッグは
化粧品を買う時にいただいたものだったから
ちょっと無茶な遊びだったかもしれない。

老婦人が大きなガラス玉をダイヤモンドに見せてしまうように
いつか自分を堂々と装えるようになったらと思う。
[PR]
by favoriteworks | 2004-09-25 11:04 | others
In My Place と Drive
a0024222_933523.jpgCOLDPLAY「静寂の世界」のIn My Place
をずっと聴いていると
The CarsのDriveを思い出す。

好きな曲だから雰囲気が似ている。
メロディラインだけでなくて
モノクロな光景が次々に浮かぶところも
唐突に耳にすると泣けてしまって
危険なところも。
[PR]
by favoriteworks | 2004-09-16 09:32 | 聴く
アイデン&ティティ
観終わった翌日から
何かのときに思い出してしまう台詞が
散らばっている映画

世の中の流れのなかで自分を見失っていくこと
褒めてもらわないと進めない弱さ

どんなに混沌としていても
本当にやらなくてはならないことは
それほど多くない
本当にやりたいことを持っていたら怖くない
[PR]
by favoriteworks | 2004-09-16 09:31 | 観る、読む
夜の果物屋
a0024222_932596.jpg蒸し暑くて暗い路地の
そこだけ煌々とあかるい
夜の果物屋で
盛大に店先を飾る
ガラス玉のような葡萄を
買って帰る
[PR]
by favoriteworks | 2004-09-16 09:30 | food
祭の提灯
a0024222_9305810.jpg子供じみているかもしれないけれど
お祭りの提灯のあかりを見つけると
何をおいても行きたくなる。
どこか惹かれる不思議なノスタルジーがある。

しずかな大木の下の柵に腰掛けて
人々で大賑わいの神社の境内と
屋台のお菓子やおもちゃの
煌く色彩の洪水を遠巻きに眺めたり
風に揺れる提灯を見上げたりしながら
お神楽に耳をすます。
[PR]
by favoriteworks | 2004-09-16 09:29 | 散歩
雲を眺める特等席
a0024222_9294599.jpgソファの上に四角く切り取られたひかりが注ぐ
そこに寝そべると9月の眩しい空と雲が見える
[PR]
by favoriteworks | 2004-09-16 09:28 | others
シービスケット
好きな時代の映画。

「一度や二度のつまづきは誰にでもある。
諦めるか、立ち向かうか。」

駆け抜けるサラブレッド、シービスケットの勇姿と
失敗をしたり、傷ついたりすることで
どんどんやさしく強くなっていく男達に

生きていくためのチカラをもらう。
[PR]
by favoriteworks | 2004-09-03 15:23 | 観る、読む