<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
SWAN LAKEの夜
はっと夢から覚めたように瞬きしてしまったのは、
舞台に瀕死の白鳥を見たときだった。
それはあるいは、夢に入る瞬間だったかもしれない。

舞踏だけでなく、銀の森、みずうみを彩る照明
魔王フォン・ロットバルトのおどろおどろしい衣装など
幻視を愉しませるための装置が興味深かった。

a0024222_1045823.jpg
写真は松山バレエ団『新・白鳥の湖』プログラムより

[PR]
by favoriteworks | 2008-01-26 10:49 | 観る、読む
something sweet-2
おいしいものは
誰かと分け合って食べると
数倍、おいしい。

a0024222_15554433.jpg

[PR]
by favoriteworks | 2008-01-25 15:55 | food
something sweet 

a0024222_15542541.jpg

多層構造になっている洋菓子は
食べることそのものよりも
想像する楽しみのために。

ふわふわする、とろけていく、その感じ。
カリッとした音、甘やかな色、
木の実のコクや果実の酸味、
舌先に触れるつめたさの
なめらかな質感。

それは初めての何か、いつかの何か
未知と既知の間で遊ぶうちに
舌の記憶がまたひとつ
綴じ込まれて層をなしていく。
[PR]
by favoriteworks | 2008-01-25 15:54 | food
Ginger Souffle Whipped Body Cream
a0024222_16322153.jpg

仄甘くスパイシーな
ジンジャースフレの
クリームをまとって
ふんわりと
眠りに落ちていく
[PR]
by favoriteworks | 2008-01-13 16:32 | others
アヒムサー
ヨガの先生の言葉を
心のなかでゆっくりと
唱えてみる。

アヒムサー。非暴力。

他者にも
自分にも
体にも
心にも
暴力をふるわない
憎しみを持たないでいる
その姿勢
[PR]
by favoriteworks | 2008-01-13 16:31 | 想う
ひとりで
苦手だった「鉄」を克服して、
のぼれなかった階段を、すっかり
のぼれるようになった犬。
降りることはできませんが。

毎朝、日の入る窓を目指して、のぼっていきます。
下からちょっと途方にくれている影を見守ります。

a0024222_11563260.jpg


ひとりで、できた

これでひとつ、大人になれた
少し、強くなれた
うれしかった
うれしくて、少し寂しい

あなたなしではできない
という心配をなくしたぶん
[PR]
by favoriteworks | 2008-01-07 21:55 | 想う
花のある人生
a0024222_1154348.jpg


花を研究するひとがいて
花のような笑顔のひとがいて
荒野に花を咲かせるひとがいて
花の香りのワインがあって
花のすきな犬がいる

ハナノナイジンセイナンテ
[PR]
by favoriteworks | 2008-01-06 11:53 | 想う