<   2011年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
暮らしの哲学
言葉が人の心を動かすとは凄いことではないか、
言葉の力とは何の力なのか。
呪文も呪言も使えない常人としての我々は、
しかし言葉の力により日々人の心に働きかけ、
人の心を動かしている。
人の心とはそのまま宇宙だから、
心を動かすとは宇宙を動かす、
宇宙を変えることなのだ

『暮らしの哲学』池田晶子



彼女の晩年と同じ歳を生きながら
生と死について考える。

a0024222_19165991.jpg

[PR]
by favoriteworks | 2011-05-30 19:16 | 観る、読む
ただ一緒にいるだけで
犬たちは来し方行く末を思い煩わない。

群れの仲間で、ただこうして
一緒にいるだけでいつも
安心な気持ちなんだ。

a0024222_11303622.jpg

[PR]
by favoriteworks | 2011-05-14 11:30 | 想う
紫陽花の帯
梅雨入り前の袷の頃から最初の単衣まで
年に一度か二度の出番を待つ紫陽花の帯。

古びていて、薄らぼんやりした夢のような配色で
きものに合わせるのは簡単ではないのだけれど
譲り受けた時の想い出が捨てられない。
今年限りといいながら毎年締めている。

a0024222_11254712.jpg

[PR]
by favoriteworks | 2011-05-13 11:24 | 纏う
白夜に紡ぐ
花は散りその色となくながむれば
むなしき空にはるさめぞ降る (式子内親王)

雨の日に読んだ本に昔の歌を聞き
いにしえの空を見上げた人のことを想う。

日本の色の表現は心情も映しだす。
ほろびる、あせる、うつろう、さめる、
いにしえの歌人、あるいは染織家の表現に
心をとめた。

『白夜に紡ぐ』志村ふくみ
[PR]
by favoriteworks | 2011-05-12 19:23 | 観る、読む
Kokopelli
a0024222_23302854.jpg


ネイティブアメリカンのホピ族の精霊、ココペリのお守りは
わたしのことをポカホンタスと呼ぶ友人から。

May there be good things in the future.







.
[PR]
by favoriteworks | 2011-05-10 23:31 | others
CHAN LUU
友達の経営する小さなアクセサリー店は
古い一軒家で隠れ家のような造りになっている。
店を閉めるとますます隠れ家サロンの雰囲気を醸す。

エジプトやアメリカの古い民族のこと、犬達のこと、
音楽のような家具のこと、今を生きる術について。
お酒をのみながら、時を忘れて語り合う。

CHAN LUUのブレスレットは、店のものではないけれど
彼ら、年上のセンスある友達に「いいね!」と言われ
得意になっている。

腕時計をしなくなって久しい。

a0024222_030992.jpg

[PR]
by favoriteworks | 2011-05-06 00:30 | 纏う
懐かしい場所で
a0024222_914160.jpg


a0024222_9141255.jpg


久しぶりのお蕎麦屋さん
突然、祭に巻き込まれたこと
神社で舞いを奉納する人たち

驟雨に降られながら
懐かしい場所を辿ったこと

これもいつか懐かしくなる
[PR]
by favoriteworks | 2011-05-04 09:15 | 散歩