あんみつ
a0024222_2329266.jpg


最近何かというと、あんみつ

おいしいあんみつの餡はさらりとした甘さ
寒天は澄んだ空気、透明な水のよう
[PR]
# by favoriteworks | 2010-05-05 23:26 | food
野性
人間の教養とは、野性を失うことではなく
野性を洗練させることなのだ

『伊都子の食卓』
岡部伊都子
[PR]
# by favoriteworks | 2010-04-29 23:25 | 観る、読む
昼の月
a0024222_09772.jpg


駐車場で昼間の薄い月を観た

夕食の買い物をして帰る
ありふれた日常が

写真に撮って切り取ると
非日常のようになる

あたりまえだと思っていた日々が
奇跡のようなときだったと
後で気がつくみたいに
[PR]
# by favoriteworks | 2010-04-27 20:08 | 想う
ミロを好きな作家の言葉
世界のあちこちのホテルでのひとときを綴った
伊集院静氏の著書を読んでいて、心に残った言葉。

私がミロの少年時代の絵を仕事場に置いているのは、
丁寧、誠実の周辺に仕事の本質があると思っているからだ。
要領のいい者は、最初何か得をするかもしれないが、
要領が良くなくても、たとえ初めのうちは遠回りになっても、
ひとつひとつ丁寧に仕事にむかう者のほうが、最後には
かがやくものと出逢うのではなかろうか。


『作家の愛したホテル』伊集院静

*ミロ  スペインの画家、ジョアン・ミロ
[PR]
# by favoriteworks | 2010-04-26 22:04 | 観る、読む
車のドアノブに
a0024222_03582.jpg


大人になってから
トカゲを見なくなったが
やもりにはよく出くわす。
それも、意外なところで。

どこにいたって、意外なのだけれど。

この間は、車のドアノブで休んでいた。
息をのんで、それからじっと見る。
そっと手にのせて、逃がしてやる。
やわらかくて、うつくしい、小さきもの。

やもりは、家守、または守宮と書く。
[PR]
# by favoriteworks | 2010-04-25 19:02 | others
真剣に遊ぶこと
白洲正子の本が、さまざまな引き出しをつくった。
まだ空っぽに近い、引き出しだけれども。

職人への尊敬の心。その手を見つめる目。
尽きせぬ好奇心。とことん歩いていって、踏み込む取材。
美しいものの追求、あるいは追究。
学ぶこと。気づくこと。そして、真剣に遊ぶこと。

『名人は危うきに遊ぶ』『遊鬼』
が、わたしは好きだ。

最近持ち歩いているのは
『日本のたくみ』『草づくし』。

a0024222_12019.jpg


『夢幻抄』、『日月抄』、『雨滴抄』、
『風花抄』、『独楽抄』等々の、装丁も美しい随筆集は
何度も読んでいるのに持っていない。
いつか、揃えたいと思っている。

真剣に遊ぶための、参考書として。
[PR]
# by favoriteworks | 2010-04-24 01:00 | 観る、読む
コントラストの美しさ
日本家屋の、薄暗い部屋の中から
四角く縁取られた表の緑を見る。

陰影礼讃。

ただ自然にあるがままではなく
効果を計算し、設えてあるのだろう。
その窓に、しばし見惚れる。
[PR]
# by favoriteworks | 2010-04-23 00:57 | 観る、読む
武相荘で感動したこと

a0024222_15339.jpg


何年前になるかわからないけれど
随分前に雑誌で見かけた、その郵便受けの

〒 しんぶん

の文字が印象的で、すっかり心を奪われてしまった。

武相荘の郵便受けのsign(看板)。
それを作った人がどんな人であるか、
知りもしなかった頃に。

その頃、夫がアメリカの農家にあるようなsignの
リプロダクションや、木の箱などの作品をつくって
遊んでいたので、こういうの素敵ね、と見せて話して
いたことを覚えている。

このたび武相荘を訪れ、その新聞受けを見ることができた。

そして、あらたに感動し心躍ったのは、部屋に置かれていた
「次郎が正子のために作ったブラシ入れ」の木箱だった。
正確には木箱に書かれた文字だった。

Hope She will be MORE TIDY!

これは夫に話さなくてはと、その言葉を心に焼き付けて
暗唱しながら、面白おかしい気持ちで武相荘を後にした。

(なんて思ったり書いたりしている場合ではないでしょう
あなたは、と言われそうだけれど)

わたしはきちんと片付けるのが上手でなくて
たびたび夫に注意を受けている。

a0024222_1533930.jpg

[PR]
# by favoriteworks | 2010-04-22 23:48 | 観る、読む
文楽人形
a0024222_2355552.jpg


文楽人形に造詣が深く、戦災にあった文楽座に人形を貸し出すなどして、
復興を助けた松谷辰造さん所縁の人形を見せていただいた。

そして、いまはひっそりと静かにしているこの人形が、
活き活きと表情豊かに言葉を語った時代、
その周りにいた人々のことを、文楽通信で拝読した。

こういう人形でわたしが思い出すのは、子供の頃大好きだった
NHKの人形劇『新八犬伝』(テープが残らない時代のこと、
観ることはもう叶わない)であって、文楽じたいは観たことが
ないのだけれど。

またひとつ興味の扉が開く。
[PR]
# by favoriteworks | 2010-04-19 23:08 | 観る、読む
ゆっくりほころぶ
気温の低い、肌寒い日が続いたおかげで
ゆっくりゆっくりほころんでいった桜も
そろそろ見納めです。

凍える日も、陽射しの日も、風雨の日も、
きものを着た日も、犬たちと遠出した日も、
今年の桜はたっぷりと、ゆたかでした。

また来年。

a0024222_18185781.jpg

[PR]
# by favoriteworks | 2010-04-13 18:19 | 観る、読む
すぐそこの遠い場所
a0024222_18172257.jpg


毎年春になると、外の通りから門越しに眺めを愉しんだ
桜のある家の人から誘いを受けて、今年は内側、
花と同じ高さにある窓から、眺めを愉しむ。

この日は他にも目的があった。
大学教授の父親が、居間で開催していたサロンを
父亡き後は娘たちが人を集め、講師は持ち回りで
自由なテーマで何年も継続しているという、
そんな文化交流への参加だった。

そこに集う人たちの話は、
外から眺めていたのとは異なる、内からの花の眺めが
新鮮だったのと同じくらい、ひろく深い、未知の面白さ。
それはすぐそこの、遠い場所。
[PR]
# by favoriteworks | 2010-04-10 22:16 | 想う
花の下にて
a0024222_12482715.jpg


早い時間に、満開の桜の下を歩く
顔を上に向けて

まだ誰も踏んでいない
新しい雪の上を歩くみたいに
[PR]
# by favoriteworks | 2010-04-06 12:48 | 散歩
風と月の夜
a0024222_18422994.jpg


海鳴りのような音がする夜
流れていく雲が
床にこぼれた月明かりを揺らす。

カメラを持ってベランダに出て
しばらく空に向けていた。

そこに捕らえた夜空は
青みを帯びて
幻のように、明るかった。
[PR]
# by favoriteworks | 2010-04-01 18:41 | 観る、読む
静子の日常
『いじわるばあさん』というより『アメリ』を思った。
静子さん(75歳)は、なんてイタズラで、勇敢で
誇り高く、チャーミングなおばあさんなのだろう。

陽気なホームドラマを見ているように、読む。

静子さんがきものを着るときの気持ち
秘めた想いが、せつない。

『静子の日常』井上荒野
[PR]
# by favoriteworks | 2010-03-31 20:40 | 観る、読む
海辺散歩
久しぶりの海は、非日常
砂浜に足跡がつくことすら面白く
犬は寄せる波より打ち揚げられたものに
関心があるようで

海辺の散歩は日常からの贈りもの
風に吹かれ、水に流し、呼吸をし、遠くを眺め、
足元を見て、そしてまた真剣に歩いていく

a0024222_21345367.jpg

[PR]
# by favoriteworks | 2010-03-15 21:19 | 散歩
蛸ノ凧
a0024222_2119122.jpg


134号線から、空を泳ぐ蛸の凧を見た。
なんて気持ち良さそうに!
[PR]
# by favoriteworks | 2010-03-15 21:18 | 観る、読む
蕎麦の味
東京のお蕎麦はすかしてるなぁ、食べた気がしない
なんて言っていた頃は、まだその味をちゃんと
知らなかった。

a0024222_12313418.jpg


田舎の黒っぽい、気前のいいお蕎麦も好きだけれど
せいろが透けてみえるくらいなのを2枚。
お蕎麦じたいもよくみれば半透明で、美しい
東京のお蕎麦が、好きになった。

a0024222_12314910.jpg


本むら庵は庭の眺めも愉しめる。
NYでは昔、「ホームラン」とよばれて人気があった。
今もあるのかな?

昔から変わらないのは、蕎麦湯の最後のほうが好き
ということ。とろとろとついで、飲みほす。

次なる愉しみは、お酒でしょうか。

a0024222_12322292.jpg

[PR]
# by favoriteworks | 2010-03-01 12:33 | food
昭和のきものと対話
二人の祖母に伯母に姑に母
わたしのところに集まってきた
家のおんなたちのきものから
さまざまな物語を聞く。

変わらない、古いものに風を通し
手をかけて、包まれる。
外を歩いていても、内を感じる。
守られている。
こんなわたしであるのに。

親から子へ、代々受け継がれていく
伝統のきものの時代は
終焉に向かっているというのに。

a0024222_12291562.jpg

[PR]
# by favoriteworks | 2010-02-27 18:28 | 纏う
VIOLETS FOR MY FURS
今にも雪が降りそうな日に
鼻歌まじりに、適当に口ずさむ
Stacy KentのVIOLETS FOR MY FURS

It was winter in Manhattan
falling snowflakes filled the air
The streets were covered with a film of ice
But a little, simple magic that
I heard about somewhere
Changed the weather all around
just within a trice……

VIOLETS FOR MY FURS
(M.Dennis / T.Adair)

もとは男性が歌うVIOLETS FOR YOUR FURS
を、Stacy KentはVIOLETS FOR MY FURSと歌う。
[PR]
# by favoriteworks | 2010-02-17 23:30 | 聴く
鎌倉半月
a0024222_045559.jpg


半月は小豆や抹茶のクリームをはさんだ
ゴーフルのようなお菓子

割るとやや硬質な、ぱりぱりとした音がする
薄くこうばしく、いつの間にかなくなっている
[PR]
# by favoriteworks | 2010-02-11 00:08 | food