NATIVE TIME
縄文の時の流れにむかって目を凝らす。

太古の昔、文字に書かれた歴史が始まる以前
日本が日本になる前に、この島に流れていた時間
について、想いを馳せてみる。

はじまりもなければおわりもなく
直線ではなく円環を描いて万物が再生するという
その時の流れに。

いうならば縄文時代、縄文的生き方の時代というのは、今ぼくたちが生きているような、時間が直線的にあるいはジグザグを描いて、いつの間にか大地から切り離されて破滅にむかう世界ではなく、もうひとつの時が大きなサイクルを描きつつ、あらゆるものが有機的に再生し続けるという認識のなかで人びとが地球とつながっている別の世界、われわれの世界と平行して存在する別の世界を言うのである。

『ネイティブ・アメリカンとネイティブ・ジャパニーズ』北山耕平


a0024222_1623965.jpg

[PR]
by favoriteworks | 2011-06-25 18:10 | 観る、読む
<< 縄文聖地巡礼 オリーヴ・キタリッジの生活 >>