ニューヨークの錠前屋の話
ニューヨークの錠前屋が
出会った人々について書き綴った短編集。

ごくありふれた、でもどちらかというと
弱い立場の人々の哀しみと優しさ。

世界は仕方のないことで満ちている。

KEYS to the CITY/Joel Kostman

2002.7
[PR]
by favoriteworks | 2004-06-06 16:12 | 観る、読む
<< 静かな休暇の回想 犬張子 >>