季節のパッケージデザイン
昔、修学旅行のお土産に買ってきた八ツ橋に
餡が入っていなくて、ちょっとがっかりした。
「お母さんは、こっちのほうが好きよ」と
母は喜んでいたけれど。

今はわたしもこちらのほうが好き。
聖護院生八ツ橋の、短冊形の一枚一枚。

a0024222_21482559.jpg


パッケージデザインが洒落ていて楽しい。

風鈴と金魚の、水色の箱を開くと
蓋の裏に

夏はよる。
月の頃はさらなり。
闇もなほ、蛍のおほく飛びちがひたる。
また、ただ一つ二つなど、
ほのかにうち光りて行くも、をかし。
雨など降るも、をかし。
『枕草子』清少納言

a0024222_21512219.jpg


内蓋に春の桜、秋のもみじと銀杏、
冬の雪と月と兎、それぞれの裏に枕草子。

これらが順に箱の表を飾るのだろう。
他の季節もいっぺんに楽しめるところが贅沢。
[PR]
by favoriteworks | 2009-06-07 21:52 | food
<< 一色一生 にわふじ >>